wellness-285589_640
現在、母の介護でホームヘルパーをお願いしています。

ヘルパーの仕事は大変だろうなぁと思っています。介護を受ける方はほとんどが高齢者で、しかも介護認定を受けた人達だから、普通じゃないと言えば語弊がありますが。

最近65歳以上の5人に一人が認知症と聞くとホームヘルパーってそういう方達の相手をしながら短い時間に健康チェック、掃除、洗濯、食事の介助、お風呂の介助、おむつ交換、薬の管理、身の回りの世話などたくさんの仕事があります。

ヘルパー同士の連絡ノートがあり、その日の様子や仕事の記録、伝達などが記されています。
それを見て次に訪問したヘルパーさんは仕事がやりやすいと言う訳です。また月に2回ほど全体会議が持たれ意見交換などもあります。家族もそのノートを見て知る事が出来また要望などを書くことも出来ます。

年齢を重ねるごとに自我意識が強くなりわがままになると聞きますが、認知症の方には特に否定をしないで、受け入れその人に寄り添う事が大切だと思っています。

また、現在、施設に入りたくても入れない人が大勢いるので、その点でもこれからのヘルパーの役割はとても大きいのではないでしょうか?

家族だけではつい感情的になって怒ってしまったりする事もあるかも知れません。自宅にいながら介護を受け家族と協力してその人らしい生活が送れるように介助する事が一番幸せな暮らし方ではないかと思っています。

その事を考えてもホームヘルパーは大切でやりがいのある仕事と言えます。